大地との接点

daiti昔の日本人は土の匂いがしたそうです。
土が根本だと知っていました。肌で、空気で理解していました。

しかし、高度成長期の都市形成とともに大地はコンクリートで固められ、都会で目にする自然は、
切り取られ、操作された人工的な自然ばかり。
20年くらい前までは、都市で働く人も田舎があり、子供のころは自然の中で生きてきた、という人が多かったはずです。
しかし現代は、グローバル化が都市を大きくし、あたかも都市は都市だけで成立するような幻想を生み出しました。
田舎から出てきて都市を形成するのではなく、
都市で生まれ、都市で育ち、都市で働く人が増えてきているのです。

残念ながら土の匂いを知る機会が減ることにより、身体的、右脳的な物事理解から、唯脳的、左脳的な物事理解に変化してしまいました。これは心の病の増加の一因だと思います。

私たちアースカラーは大地との接点を重視します。

なにもみんなで農家さんになろう、と言っているわけではありません。

自然と触れる時間を重視しよう、できれば観光やレジャーだけではなく、営みとしてライフスタイルへ組み込もう、とお伝えしたいのです。

これら自然とのつながりを有するビジネスパーソンは成果も上がるはずです。

自然は慈愛に満ちています。人間の力ではどうにもしがたい厳しさも兼ね備えています。それらを感じることで五感も活性化し、上手く言語化できませんが、仕事や他者への思いやり、これまで気づかなかった視点やアイデアのひらめき、単純なリフレッシュ効果も期待できます。

多忙なビジネスパーソンこそ、自然との継続的接点を持つことをお勧めしています。

さて、アースカラーでは毎年田んぼをやっています。

無農薬、無化学肥料、なるべく手作業でのコメ作りにこだわっています。

昨年の田起こし(冬の間眠っていた土を掘り起こし、土中生物の活性化を行います)の模様です。

昨年のはざがけの模様です。

今年も新しい仲間を募集しています。イベントは告知していきますのでホームページやフェイスブックの要チェックお願いします!