採用情報

ああ

正社員募集中

地球のしごと大學の運営・拡販、企業案件・自治体案件などをお任せできる右腕的人材を募集します。

■ 募集要項 
・採用予定: 正社員1名
・応募資格: 心身が健康であること、男女問いません
・職種名:  総合職
・職務内容: 地球のしごと大學の講座企画・講座運営
       企業案件、自治体案件のプロジェクトマネージメント、コンサルティング営業ほか
・就業場所: 日本全国(主には東京都内)
・勤務日数: 応相談
・勤務時間: 応相談
・賃金:   応相談
・試用期間: 3カ月
・募集期間: 2016年3月末日まで

こんな人ぜひご応募お待ちしています! 
・環境を良くする仕事に就きたいと考えている人
・仕事は志で選びたいという人
・理論と実践のバランスを重視する人(文武両道、頭と体をバランスよくこなす。地道な農作業など現場活動を厭わないこと)
・社会人経験3年以上がある人(できればプロジェクトマネジメント、コンサルティング営業などの経験が有ると望ましい)
・人に対して興味関心を持っている人(人材育成、企業人事など)
・ビジネス感覚を持って楽しく厳しく働ける人

■応募方法 
件名を「正社員応募の件」としてinfo@earthcolor.org 宛に
①氏名 ②性別 ③年齢 ④現在の所属(●●会社、無職など)⑤住所 ⑥連絡先(メールアドレス、携帯電話)⑦応募動機(400字以上、意気込み、ご自身の自己紹介などお願いします。)
を記載の上、送信ください。折り返しご連絡いたします。まずは面接となります。

インターン生も募集中!

地球のしごと大學の運営スタッフを募集します。

■ 募集要項 
・採用予定: インターン一名
・応募資格: 心身が健康であること
・職種名:   地球のしごと大學運営スタッフ
・職務内容: 地球のしごと大學の講座企画・講座運営・広報ほかアースカラーの受託案件しごと補助
・就業場所: 東京都内、日本全国の講座開催場所
・勤務日数: 週2日程度 ※応相談
・勤務時間: 原則10:00~18:00 ※応相談
・勤務期間: 2016年1月~12月(1年間) その後、正規従業員への登用も有り
・賃金:    原則無し、交通費支給
・試用期間: 1カ月
・特典:   地球のしごと大學(ネクスト200年創造学部含む)の各講座内容を
       スタッフとして無料で聴講できます。

・募集期間: 2015年12月末日まで

■当社のインターンによって経験・体得できること
●講座運営、体験型イベント運営ノウハウ
●都市農村交流ビジネスの理想と現実、そのビジネスモデル
●無農薬お米作りの理想と現実、そのビジネスモデル
●日本全国の農村起業者または有識者との交流ならびに農村起業を目指す都市生活者との交流

こんな人ぜひご応募お待ちしています! 
・環境を良くする仕事に就きたいと考えている人
・仕事は志で選びたいという人
・理論と実践のバランスを重視する人(文武両道、頭と体をバランスよくこなす。地道な農作業など現場活動を厭わないこと)

■応募方法 
件名を「インターン応募の件」としてinfo@earthcolor.org 宛に
①氏名 ②性別 ③年齢 ④現在の所属(●●大学学生・社会人など)⑤住所 ⑥連絡先(メールアドレス、携帯電話)⑦応募動機(400字以上、意気込み、ご自身の自己紹介などお願いします。)
を記載の上、送信ください。折り返しご連絡いたします。まずは面接となります。

■募集に際して
当社は「ホワイトカラーでもないブルーカラーでもない地球共生型職業人〈アースカラー人材〉を育成・輩出する」―をミッションに起業から4年目を迎えました。都市から農村へと転身する人材育成を事業の主軸としながらも、単なる中間支援の立場にとどまらず、社長も社員も農業に携わり、農村活動を実践することにこだわっています。現場重視で、経験に裏打ちされた人材育成・転身支援を追及しています。  
 これからの日本は経済【成長】至上主義ではなく、心の豊かさを求めた【成熟した社会】を目指すべきです。これまでの社会形成を牽引してきた資本主義と市場経済のシステムに修正が必要だと言えるでしょう。
選択の自由が広がり、低価格で物やサービスが手に入る、一見消費者にとってHAPPYなこれまでのシステムですが、同時に私たちは働く人でもあるのです。物が売れない現代は、少ないパイの奪い合いです。労働時間も必然的に増え、働く人たちの心は荒んでいきます。お金をたくさん稼いでも、ストレスを抱え、時間を亡くし、心の豊かさのために重要な人間としての生活を蔑ろにしがちです。家事・食生活の多くをアウトソース(お金で外部委託)し、消費者としてのメリットがいつのまにか生産者(働く人)としてのデメリットに変わっていきます。
稼ぎ仕事はそこそこに抑え、その分出ていくコストも抑えた、生活を豊かにする成熟志向の経済への転換が必要でしょう。
 私たちは、政府や政策に頼るよりも、一人一人のワーク・ライフスタイルを見直すことから進めていきます。お金を稼ぐ仕事一辺倒の生活を改め、DIYやエシカル消費、時間と労力を拠出しあう地域活動などの時間を増やします。それぞれの活動のバランスをとることで、成長志向の経済に個人レベルから歯止めをかけていくと同時に、一人一人が成熟した生産と消費の担い手となることができます。そのような転換を実践する人を増やすために我社は活動しています。
オルタナさんのグリーン天職バイブルにも掲載いただきました!

地球のしごと大学